edoblog_title.jpg

2017年07月19日

7月9日(日)練習会レポート

幹事:tomoko

担当スタッフ:ニケ

集合時間:8時半(夏時間)

集合場所:大島小松川公園

メインメニュー:スピード練習4−3−2分間走

参加人数:18名(うち体験2名)

DSC_0083.JPG

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..

1、アップジョグ(内周800m×2)

2、準備体操

3、4−3−2分間走を2セット

   4分間走→休憩6分 ⇒
    3分間走→休憩5分 ⇒
     2分間走→休憩4分

4、ダウンジョグ

5、tomoko先生のヨガ教室

6、大島小松川公園の清掃活動

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..

暑い時期なので短時間でのスピード練習。

休憩をジョグでつないだメンバーもいれば、

体調に合わせてゆるジョグで時間内を走ったメンバーも。

ヨガ教室は使った筋肉のケアを中心に行いました。

久しぶりの公園清掃は、熱中症を考慮して短い時間で実施。

みなさんお疲れさまでした。
posted by 江戸一RC at 02:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

『第24回 奥武蔵ウルトラマラソン(エイド編)』tomoko

6月4日(日)奥武蔵ウルトラマラソンレポート(エイド編)
■集合:4:50、LAWSON 鶴ヶ島脚折店(鶴ヶ島IC)
■解散:19:30頃、毛呂山総合公園(ゴール地点)
■参加:選手5名、エイドスタッフ16名(車4台)
■天気:晴れのち曇り、気温15℃〜23℃くらい?
■エイドデータ
担当エイド:清流エイド(往路25.1キロ、復路73.3キロ地点)
【提供物】
・飲料:水、アクエリアス、コーラ、ファンタグレープ、オレンジ、緑茶、メロンソーダ
・食料:お汁粉、果物(メロン、グレープフルーツ、バナナ)、おにぎり、惣菜パン、たまごがゆ、梅干し、塩、シュークリーム、黒糖蒸しパン
・その他:かぶり水、全力応援
【エイド設備】
テント、テーブル、椅子、仮設トイレ

◎スタッフ支給品:お弁当、参加賞Tシャツ
◎交通費他集金:2,000円/人

★出発〜設営
午前3時半ごろ江戸川区を出発し、1時間15分ほどで集合場所に到着。その後毛呂山総合公園に移動し、スタッフ受付後1時間ほど待機。7時のスタート前に気合十分の選手のみなさんとエイドスタッフ全員で集合写真を撮り、スタート直後の応援地点で楽しそうに出発していく選手を見送る。
全員の出発を見届けてから、車3台に分乗し清流エイドまで山道を移動。エイドに到着すると大量の物資が届いていた。すぐにエイド設営開始。
果物、おにぎり、惣菜パンは一口大にカット、板氷も使いやすいサイズに砕き、飲み物は氷を入れた水差しで冷やしながらカップに注ぐ。
果物カットの腕前が上がってきたころ、続々と選手が到着。いよいよ本格的にエイドの運営が始まった。

1496618959138.jpg

★エイド運営
あっという間に忙しくなり、顔を上げる余裕もなくひたすら飲み物を注ぐ。背後にはうず高く積まれた空のペットボトルの山。午前中は太陽も出て暑くなり、スポーツドリンクがよく出る。大きめに砕いてもらった氷もすぐに溶けて、メロンやグレープフルーツが好評だったもよう。江戸一メンバーも元気に通過。車で上ってきた山道を思い出して、選手のみなさんの健脚ぶりに感心する。11時前にようやくひと段落し、支給されたお弁当を交代でいただく。まだお昼前。給水車が来てくれたので、流れなくなっていた仮設トイレのタンクに水をためる。午後に備えてスポーツドリンクを追加してもらい、お汁粉もスタンバイ。
1496618962248.jpg

午後は選手も一気に到着することはなく、応援する余裕もできてこちらも楽しんだ。73キロ走ってきたみなさんにはコーラやメロンソーダが人気で、スポーツドリンクはもう受け付けないという方も。お汁粉を楽しみに走ってきたという方もいて、カボチャと小豆のお汁粉は2樽分がエイド閉鎖前に無くなってしまった。補給後に復活して走り出す後姿を見送るのはなんだか嬉しい。
1496835674975.jpg

エイドでよく聞かれたのは、時間と残りの距離。「あと4.7キロ!」という情報とともに、車やバイクの接近情報も積極的に提供した。すっかり日が陰ったエイドは思いのほか寒く、氷で冷やした飲み物を提供しているので指先から冷えてくる。ちなみに夕方の装備は長袖+半袖+ウインドブレーカーだったが、それでも寒くて上着を1枚借りた。

★撤収
閉鎖時刻の18:25にはほとんどの選手が通り過ぎて、すぐにエイド撤収に取り掛かる。残った物資の回収、機材の回収、ゴミの回収のトラックが次々にやってきて、撤収作業はあっという間に終わった。
清流エイドから毛呂山総合公園まで、まだ走っている方を車中から応援しながら移動。完走して清々しい表情のメンバーと合流し、ゴール封鎖時刻まで見届けて解散した。帰路もスムーズで21時頃に帰宅。
エイド運営は非常に忙しいものだったが、楽しそうに走る選手のみなさんを見ていると疲れも吹き飛ぶくらいの充実感だった。そしてランニングクラブがエイドを運営するということは、選手側の要望も状況も概ね理解できるということもあって、想像以上に合理的であることを実感。江戸一が運営するエイドの意義を考えた。
きのこ会長、コーチ、ダンドリ・采配、ありがとうございました。そして運転手のみなさま、安全運転おつかれさまでした。
楽しい1日となったことに感謝して、参加したみなさま、おつかれさまでした。
1496618955121.jpg
posted by 江戸一RC at 23:14| Comment(0) | 大会レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

5/28(日)練習会レポート

幹事:チーバ

時間:9:00 〜 10:30

場所:大島小松川公園

参加人数:23名(江戸一 15名、バンバンクラブ 8名)

メニュー:伴走体験

1496473006738.jpg

バンバンクラブから 8名のブラインド(視覚障害者)とガイドランナーに参加いただき、伴走体験をしてもらいました。

1496473043663.jpg

快速からゆっくりまで、それぞれの伴走者に分かれて大島小松川公園内を走りました。
はじめて伴走する人は、やはり最初は緊張して腕が振れないようでした。

1496473069478.jpg

大半のメンバーが伴走初体験ですから、バンバンクラブのベテランガイドランナーさんについていただき、伴走のアドバイスをしていただきました。

1496475515822.jpg

伴走体験の途中では江戸一メンバーにもアイマスクを付けてもらい、視覚障害者の人がコースを走る感覚を体感してもらいました。

参加した皆さん、伴走体験はいかがでしたでしょうか?

これを機会に一人でも多くの人が伴走デビューしてもらいたいです。

また、これからもレース会場はもちろん、ランニングコースや駅のホームでも視覚障害者の人を見かけることがあるかと思います。

その際は是非、温かい声がけをお願いします。

最後になりますが、今回の練習会にご協力いただきましたバンバンクラブの皆さん、ありがとうございました。

posted by 江戸一RC at 16:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

5/14練習会レポート

5/14練習会レポート


幹事:tomoko


企画&事前準備:ニケ、miyu


時間:9:00〜11:30


場所:大島小松川公園


参加人数:12名(うち体験1名)


メニュー:フォトロゲイニング


【事前準備】

施設は、以下として、1施設につき1〜2個のチェックポイントを設定。

合計で20ヶ所を準備しました。


《江戸川区》
 大島小松川公園,東小松川南公園,まねきの湯,
 新川西「火の見櫓」,船堀スポーツ公園,行船公園

《江東区》
 亀戸中央公園,香取神社,亀戸緑道公園,
 猿江恩賜公園,城東公園,木場公園

《墨田区》
 錦糸公園


点数は、大島小松川公園からの距離を基準としています。

写真については、造形物が分かりやすいものから、意図的に造形物を

大きくし分かりにくいものなど、準備した。


【今回のルール】

・チームは3人

・11時までに、地図を頼りにチェックポイント探し、指定された写真を

 撮って戻ってくる(3人一緒に行動すること)

・チェックポイントは場所や見つけやすさによって点数が異なっているので、

 より高い点数を稼いだチームが優勝

・1分遅刻するごとに1ポイント減点 ※減点するポイントは、甘め


【結果】

1位:miya、miyu、体験の方 →240P

  ※10分遅刻に付き、10P減点

2位:キョウジ、tomoko、たにやん →220P

  ※5分遅刻に付き、5P減点

3位:きのこ、Kz、あぶ →200P

4位:マッサン、しゅっくー、ニケ →190P


今回のフォトロゲで一番遠かったのは木場公園(約5キロ)で、

次が行船公園(約4キロ)でしたが、荒川を挟んで位置する両方の公園を

訪れることは時間の制約上難しかったため、江戸川区側でポイントを

加算するか、墨田区・江東区側でポイントを加算するか、

各チームの作戦が分かれました。


1位、2位のチームが木場公園に挑戦し、両チームとも制限時間内には

戻ってこられず。今回は時間オーバーの減点の設定が優しかったこともあり、

制限時間をオーバーしたにも関わらず、1位と2位という結果になりました。

そして、2位のキョウジチームは制限時間を気にするあまり、

チェックポイント写真の撮り間違いという痛恨のミスにより、

マイナス25ポイントとなってしまいました。残念…

各チームともに地図を見て道順を決める、写真を撮る、チェックポイントを

探す(誰かに聞く!)、など協力し合って回れたのではないかと思います。

走りながらお互いのペースを確認して声を掛け合ったり、練習方法についての情報を

交換し合ったり、楽しい練習会になりました。

posted by 江戸一RC at 02:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

4月16日(日)の練習会レポート

集合時間:9時

幹事・担当スタッフ:ニケ

参加人数:十数名(うち体験2名)

2/18(土)に放送されたNHKのBS1「ラン×スマ」の“ガチ・ユル走”を
体験しました。

1.アップジョグ

2.準備体操

3.ゆっくりジョグ
  ※体を温めるのが目的

4.ガチ「1km」→つなぎ3分

5.ガチ「1km」→ゆるジョグ「7km」

ガチ・ユル走は、持久力アップを目的にしていて、インターバルで走った後に、ゆっくりジョグすることで、効果的に脂肪をエネルギーに変えて走るためのトレーニングです。

走る時のエネルギー源は、糖と脂肪があります。
持久力のないランナーは、糖ばかりを使ってしまい、終盤に体が動かなくなります。
持久力のあるランナーは脂肪を使い、糖を節約して最後まで糖を持たせることができます。

ガチ・ユルをセットで行うことにより、初めにスピードを出すことで、無酸素運動となり、糖質だけを使い、ユルで、有酸素運動を行い、糖質と脂肪を使います。

この練習を、週2回程度、行うことで、持久力が付くようになってきます。

【注意点】
・スピード練習に慣れてない方は、いきなり心拍数が上がるので無理せずに。
・けが予防のためにアップは忘れずに行いましょう。
・早朝は糖が少ないから避けること
・ユルは、ゆっくり会話ができる程度のジョグ
・ガチ・ユル走では、水・お茶は飲んでもOKですが、糖分が含まれる
 スポーツドリンクは、糖質を補給しない。

みなさん、ガチ・ユル走を、がんばっていました。
posted by 江戸一RC at 19:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする