edoblog_title.jpg

2011年12月31日

大会レポ『第27回 NAHAマラソン』by ゆーりん

初フルマラソンゆるゆる奮闘記


3年前まで、「走るなんて無理!」と思いこんでいた私が、走ることの素晴らしさに開眼し、平成23年12月4日那覇マラソンで、念願のフルマラソンを完走することができました。時間は5時間52分41秒。そんな私の奮闘記です。

【きっかけ】
今年の5月に千葉の都賀に田植え体験に行った時に、那覇マラソンに毎年参加しているグループに出会いました。そしてそのグループの人達から那覇マラソンがどんなに楽しいかを聞いて刺激を受け、「そうだ!私も那覇に遠征して、記念すべき初フルマラソンに挑戦しよう!」という目標ができてしまったのです。縁とは不思議なものですね。

【練習】
夏は暑くてほとんど練習できず。9月になってようやくウォーキングからのスタートでした。
幸いにも秋は好天が続き週末にはLSD(25〜35キロ)を5回することができたのは大きな自信となりました。私の目標は完走することでしたので、あとは坂道練習を少し。
とにかく故障しないように・疲労はためないように、2日連続で走ることはしませんでした。

【その他有効だったこと】
*寝る前にストレッチポールで体の歪みを整えました。
*朝、ゆる体操をしました。
*野菜ジュース(手作り)とサプリメントの飲用
*ファイテングッズ(チタンネックレス・チタンテープ)を取り入れました。
*5本指ソックスに機能性ソックスを二重着用しました。
このおかげで、走り終わった後にも痛む所はなく、翌日も軽い筋肉痛ぐらいですみました。

【大会レポ】
当日は、朝から太陽がギラギラ。首の後ろが陽に当たって痛いくらいでした。でも真っ青な空の下で走れることの喜びと感謝を噛みしめてスタートしました。
2万人以上の参加者でしたので、相当な混雑で自分のペースで走れません。
追い抜こうとするにもストレスがかかるくらいの混雑だったので初めからキロ8分代のペースでゆるゆると走りました。暑かったので結果的にずっとイーブンペースで走ったのが良かったと感じてます。あせったりタイムを気にすることなくファンランに徹しました。
ハーフの地点まで坂が大変だよと言われていましたが、ゆっくり・のんびりランなので特に大変と思わずクリア。給水だけをしっかり取って那覇の大地を踏みしめ景色を楽しんでいました。
後半は、ひたすらエネルギー補給をし、沿道の応援を励みにしながらのランでした。
バナナ・ミカン・レモン・黒糖等どんだけ手をのばしたかわかりません。自分の手持ちのゼリー1袋だけでは、ぜんぜん足りなかったと思います。
ぞろぞろと歩きだす人が大半で道も狭く後半も走りずらかった。34km地点で今回ご一緒したグループの応援団のエイドがあり、チャイナ服やナース姿の女性陣の笑顔にほっとする。ただ配布していたしゅうまいがなくなっておりがっかり。でも一番きつい所で仲間に会えたことで、元気をもらいその後も順調に走り進むことができました。
そして制限時間の10分前のぎりぎりゴール。時間を気にしていなかったので危なかったです。
トイレにも寄っていないし、途中休んでもいないし、歩くこともなかったのにどんだけゆっくり走っていたのだろうって感じです。
苦しいと思うこともなく走り切れたので、まさにファンラン&完走を達成し爽やかな気分でした。

【那覇マラソンに参加して感じたこと】
*那覇マラソンは記録狙いではなく仲間と楽しむための大会です。
 前夜のカーボパーティー・当日の打上げも含め、仲間とわいわい楽しむのが極意です。
 さすがに前夜は、皆はお酒普通に飲んでいたけど私は鉄の意志で飲みませんでした。これをクリアしたことで私は完走できると確信しました。
*那覇は便利です。
 空港から大会の会場・宿・繁華街が30分圏内なので移動に時間がかからず楽でした。
 独特の沖縄料理や泡盛がリーズナブルで美味しく、だからリピーターが多いのだと思いました。
*完走率低し。
なんとこの大会、完走率70%。制限時間内に走れなかった人7000人もいたんです。どうりで道中歩いている人がたくさんいたわけだ。そんなことも知らずに安心してゆっくり走ってました。危うくリタイア組みに入ることろでした。
*旅ランは最高!
 日本中を駆け巡りたいという次の目標ができました。

楽しい楽しい初マラソンでした。
これからも仲間と楽しく走っていきます。



posted by 江戸一RC at 16:26| Comment(0) | 大会レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

大会レポ『第18回 葛西ポノルルマラソン』by きのこ

12/11(日)葛西ランナーズ主催の「ポノルルマラソン」に参加してきました。

【公式サイト】
http://plaza.rakuten.co.jp/ponoruru42195/034000

参加のきっかけは葛西ランナーズのnaoちゃんに誘われ、42キロ走らなくても
良いということだったので、江戸一の忘年会の前に25キロほど練習できればと思い
参加を決めました。
また、江戸一のカズさんもnaoちゃんも30キロで止めるとのことだったので・・・。


場所:葛西臨海公園
参加料:¥3000
参加人数:葛西ランナーズメンバー&一般参加者が100人ほどかな??
     (全体で何人いたかはわかりません。)
コース:公園内5キロ周回
スタート時間:9:00
終了時間:14:00くらい?(最後までいなかったのでわかりません。)

9:00スタート時間の30分ほど前に到着。
葛西臨海公園には横断幕が張ってあり、ちょっとびっくり!!
(勝手に、こじんまりした大会だと思っていたので)
受付でゼッケンと参加賞をもらう。
参加賞がとっても豪華!!
スポーツドリンク500_1本、レジャーシート、スポーツタオル
参加料¥3000でこんなに参加賞もらっていいのかしら???
ちゃんと更衣室テントもありました。

9:00前にコース説明と準備体操があった。
準備体操があるのもいいですね。アットホームな感じです。
キロ5分の3時間30分のペースメーカーがいるとのこと。
「naoちゃんに一緒に行く?」と誘われるがそんなに早く走れないので断る。

9:00スタート
25キロの練習なので時間を気にせず自分の気持ちの良いペースでスタート。
朝は公園に人があまりいなく、とても走りやすい。
遠くには富士山も見えました。
途中折り返しがあるので他選手とのすれ違いがあり、周回コースでもそんなに飽きませんでした。
すれ違いのときにはカズさんやnaoちゃんに声をかけてもらい、元気をもらいながら走りました。
5キロ29分くらい。エイドには水、スポーツドリンクがあったのは覚えてますが
給食は何が出ていたのか覚えていない。たしか一口おにぎりはあったような・・・。
今回は給食を取るつもりがなかったのでよく見ていませんでした。
途中でトップの人に2回ぬかされる。早いなぁ〜〜
42キロ走れば2時間くらい差がでるのがわかりますね。
5キロ28分30秒〜29分ほどで走ります。
つくばの時より、ぜんぜん足が軽い。
また、タイムを気にせず走っているからか、ストレスがなく走るのが楽しかった。
気持ちよく25キロ終了。
時間2時間25分くらい。
会場ではトン汁とお汁粉が振舞われていました。
私はトン汁をいただきました。具沢山で美味しかった。
レースの途中なのか終了なのかわからないが沢山の人が、和気藹々と食してました。

最後まで42キロを走りきる人は少ないらしい。
でもそれが手作り大会のようでいい感じ・・・。
しばらく雑談をしていたら女子の1位がゴール。
なんと、3時間15分を切りました。初めて15分切したとのこと。
公認レースではないですがこれが自信につながり、国際レースの資格がとれるといいですね。

忘年会もあるので最後まで会場にはいませんでしたが、とても温かい素晴らしい大会でした。
また来年も是非、参加したいです。
でもまた42キロは走らないと思いますけど。

posted by 江戸一RC at 07:42| Comment(1) | 大会レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月06日

大会レポ『エコシティー第31回つくばマラソン』by あお

1年を懸けフルマラソンに挑戦
by あお

私は2009年4月に岐阜より転勤で東京に来た。当時の私の体重は63kgでまるまるとした体型でとてもフルマラソンを走るなど考えてもいなかった。
カズさんが走っていることは会社でも有名で、私もカズさんに刺激を受け2010年ごろから走るようになった。
そんな中、カズさんから江戸一ランナーズを紹介され、今年の一月に七福神巡りに初参加し4月に入部を決めた。「よし俺もいつかはフルマラソンに挑戦するぞ!」との思いで少しずつ練習を行い10kmを走れるようになり、2月には愛知県犬山市の犬山シティーマラソンのハーフに初挑戦した。
犬山のハーフマラソンでは2時間切りを目標に練習をしたが、はじめは足のふくらはぎが、次に膝、足首、股関節と順に痛いところが変わっていった。結果は1時間56分15秒と満足する結果であったが、その時はそれが精一杯の力であった。
4月には霞ヶ浦マラソンでフルマラソンデビューをするつもりであったが3.11の大震災で中止になりこれといった長距離の大会には参加できないできた。

【フルの課題】
今回、つくばマラソンに臨むにあたりまずは20km、30kmを走れる体力つくりが課題であった。4月頃までは20kmも走ると足のどこかが痛み出し結局は30kmも走れなかった。
7月頃までは週に15km×2日(土日)を走り、8月頃からは毎日10kmを走りこみ体力を作った。9月頃には少し体力もつき体重も63kg→60kg→58kgと少しずつではあったが落とすことが出来た。

【大会前】
日々の練習のまとめとして2週間前に30kmの練習をしたが、結果は足の裏が痛み出し27kmで断念。後はバスで帰宅となった。
大会まで後2週間、足の痛みをとることを最優先にして練習を控え、シップで何とか痛みをとった。

【作戦】
作戦といっても無いに等しい。知識、経験、技術も無いのだから、ただ江戸一の仲間と一年を懸けて練習をしてきたことだけが心の支えで、実際には大会当日の朝に足の裏、足首、膝、股関節にシップをはり、大会直前には鎮痛剤を飲んだ。後は早く寝て体調を整える程度であった。

【本番】
大会当日は快晴で少し肌寒かったがマラソン日和となった。
8時前には開場入りをしたが、江戸一の仲間が集まっておりにぎやかであった。
スタート間の団欒の中でRYOTAさんからエレキバンみたいな磁気のシールを足攣り防止で貼ったもらい、チーバさんからマメ防止でクリームをもらった。そんな中「みんなも走ると必ずどこかかしら痛みがでて、その痛みとの戦いダヨ」聞きみんなが自分と同じであることを知り、少しホットした。

tsukuba2011_repo4.jpg



【スタート】
スタートまではアンジーさんと一緒にG組みスタートであったたが、スタートするとすぐに見失ってしまった。その後はチーバさんの「はじめの10kmはウォーミングアップのつもりでゆっくり走ること」のアドバイスを心に言い聞かせ1人黙々と5時間のペースランナーについていき、10kmを過ぎることに抜いて次は4時間半のペースランナーを目指すがなかなか見つけることが出来なかった。そんな時、後ろから「あおさん頑張れー」のアンジーさん声、そして抜いていった。「よしアンジーさんについていくぞ!」と必死に離されないように付いていき4時間半のペースランナーを抜くことができた。

tsukuba2011_repo1.jpg



【折り返し】
途中、すれ違いを期待して江戸一の仲間を探すがなかなか見つけることが出来なかった。
やっとのことでNogaさんを見つけ声をかける。仲間と会うとなんだか力が湧いてくる。
20kmを過ぎると疲れが出始め、足が痛み、エネルギー切れになり始めた。
エイドではアンパンやバナナが配られており、私はアンパンのカケラ3つを手に取りゆっくりと食べ、水分補給をした。「これで大丈夫。エネルギー補給はした」自分に言い聞かせアンジーさんについていく。足の痛みは鎮痛剤を走りながら飲み何とか我慢した。

【35kmの壁】
マラソンには35kmの壁があると聞いていた。しかし自分には30kmで壁が大きくのしかかってきた。経験したことの無い距離。疲労と痛みで心に弱音が出てくる「苦しいー」「疲れた」など様々である。あーこれが35kmの壁なのかと心が折れそうになる。あと12km普段であれば1時間で走れる距離、「あと一時間と少し頑張らなくては、まだ4時間半のペースランナーは後ろだ!このまま行けば4時間半は切れる。」
すると沿道の子供と“ハイタッチ”なんだか力がわいてくる。大目標の4時間半を切るぞと心に決めあと7km、あと5kmと進んだ。

tsukuba2011_repo2.jpg



【ラストスパート】
あと数キロのところで最後の難所?陸橋の上りがあった。歩いた方が早いぐらいのスピードで走り何とか橋を上りきると、とうとう止まってしまう。屈伸をするが足がつりそうになる。「ここで歩いたら4時間半はもちろん、走れなくなってしまう」心が悲鳴を上げるが最後の力を振り絞りまた走り出した。
しかし、スピードは超超スローで後から来る女性、年配の人などほとんどの人に抜かれていく。悔しいがなんともならない。みんな最後まで力を持続できているのが不思議であった。
やっとの思いで競技場にはいる。普段であればラストスパートをして何人かは抜くが今回は疲労困憊。すると「あおさんガンバレー」と、きのこさんの声。もう一度力をもらい最後の力を振り絞りゴールした。

tsukuba2011_repo3.jpg



【完走】
フルマラソンを終えると無性にお腹が減った。配られたジェルとポカリを一気に飲み干し完走記録場所へ。タイムは4時間20分19秒「やったー4時間半切りだー」心の中で叫ぶ。
自分としては大満足の結果に、走り終えたヘロヘロの体と充実した心が不思議な感じであった。「今度はどこで4時間を切るかな!」そこにはもう次を考えている自分がいた。


【最後に】
今回のマラソンでは江戸一のマラソン仲間の応援やアドバイスがあり完走できたと思います。仲間と一緒に走る楽しみ、初フル3人組(私、アブさん、ニケさん)4時間半を切りよい結果が出たと思います。
また、テントやスープなど有難うございました。
最後は北千住の宴会とても盛り上がり色々な話が聞けてこれまた楽しかったです。
本当に貴重な体験が出来ました。心から有難うございました。

tsukuba2011_repo6.jpg


tsukuba2011_repo5.jpg



posted by 江戸一RC at 19:06| Comment(6) | 大会レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

大会レポ『大阪マラソン2011』part2 by RYOTA

2011年10月30日、大会当日。
5:30起床。宿で朝食を済まし大阪城公園駅へ。
駅ホームは大混雑で駅を出るにも一苦労。
公園内で準備を済まし、荷物を預けスタート地点(Dブロック)へ向かいます。
DSC01293.JPG
大阪城公園駅ホームの様子、すごい光景でした。
DSC01297.JPG
広々とした公園内で準備
DSC01298.JPG
荷物預け、締め切り10分前でした。
DSC01300.JPG
各自のスタートブロックを目指し公園内を進みます。
DSC01305.JPG
大阪城をバックに一枚パシャリ。
DSC01308.JPG
スタートブロックへの誘導は案内がわかりやすかったのでスムーズでした。
DSC01310.JPG
ブロックはA〜Qまで。こちらはLブロック、座って待てるのはうれしいですね。
DSC01319.JPG
こちらはGブロックの先頭。その後ろにブロックはまだまだ続いていました。



いよいよスタートです。記念すべき第1回目のスタートの様子を
スタート1分前から動画でご覧ください。

橋下徹氏と平松邦夫氏に見送られ、大阪マラソンスタート!

[スタート〜約6km]
DSC01322.JPG
スタート直後の第1カーブ。テンションが上がってきます!
DSC01343.JPG
約3km地点、千日前通を進む。下りの先に見える人の流れは圧巻でした。
DSC01344.JPG
5km地点、この先の給水スタッフから「みんな、かんばるんや〜!」と激励をいただく。
DSC01348.JPG
約5.5km地点、千日前商店街入り口を通過。ビックカメラがでかすぎる!

DSC01350.JPG
最大のミッションであったグリコの看板を背にした写真をゲット!
コースアウトして撮ってもらいました!

[約6km〜約16km]
DSC01354.JPG
約7km地点、ランナーで埋め尽くされた御堂筋の景観はすごかったです!
DSC01355.JPG
もうひとつ御堂筋。普段は南へ一方通行なんですね。この日だけは南北へランナーが行き交います。
DSC01366.JPG
約9.5km地点の天満橋
DSC01370.JPG
約11km地点の第1折り返し、みんなポールを「バン!バン!」とどついてました。
DSC01376.JPG
約13.5km地点の中央公会堂前の通り。
DSC01383.JPG
約16.5km地点、御堂筋を南下。存分に御堂筋を快走できました。


[約16km〜約28km]
DSC01392.JPG
約18.5km地点の京セラ大阪ドーム前。
DSC01396.JPG
中間地点
DSC01398.JPG 約22km地点、難波を南下し大国町方面へ進む。 DSC01403.JPG 約24km地点の第3折り返し、チラリと通天閣が写っていました。
DSC01405.JPG
25km地点、このあたりから景色が住宅地に変わってきました。
DSC01415.JPG
約28km地点、西成区の方々とハイタッチ!自然と笑みがこぼれ楽しくなる^^


[約28km〜約38km]
DSC01416.JPG
30km地点、ハイタッチを楽しみペースが上がる↑
DSC01422.JPG そして33kmのくいだおれエイド。漬物ブース、巻き寿司ブースと続いていなりずし。うまい!
DSC01423.JPG
お次はコロッケ&くずまんじゅう。いい味!
DSC01424.JPG
お次はどら焼き&ブッセ。うまし!
DSC01425.JPG
さらにクッキー&桜餅&みたらしだんご。もうお腹いっぱい・・・
DSC01428.JPG
35km地点、ここでも沿道の応援が絶えません。ありがたいです。
DSC01432.JPG
残り5km。南港大橋の上り、ここでの上り坂は足にこたえます。
DSC01435.JPG
残り4km。この辺りは応援も少なくしんどいところだったと思います。

残り3km〜1km、ゴールのインテックス大阪が近づくにつれ
再び沿道の応援もが増してきました。
ゴール手前からの動画でフィニッシュ気分をどうぞ!


あっというまの42.195km、十二分に大阪を楽しんで完走しました!
正直、ゴールして終わらせてしまうのがもったいないぐらいでした。



[フィニッシュ後]
DSC01439.JPG
完走記念に1枚パシャリ。今回でフルマラソン11度目の完走です。
DSC01448.JPG DSC01449.JPG DSC01450.JPG
完走メダルとフィニッシャータオル、初めて完走した人にはうれしいと思います。

そして↓が走った軌跡になります。

コースアウトして写真撮った軌跡もばっちり入ってますね^^



感想

最高の大会でした!!!
東京マラソン同様に国内最大規模の大会だと感じました。
ボランティア&沿道の応援は勢いとノリが良く楽しかったです。
楽しみ方としては「前半は名所巡り」「後半は地元の方々との交流」といったところでしょうか。
特に「ランナーで埋め尽くされた御堂筋の景観」「33kmのくいだおれエイド」は強烈なインパクトでした。
運営に関してはゴール後の誘導に改善があると思いますが、それ以外はスムーズだったと思います。
次回開催が非常に楽しみな超おすすめ大会です!

記録を狙うには以下2点の理由から難しいと思います。
・コースは全体的にフラットだが折り返し地点が3つもあり、さらにカーブが多い。
・まだまだ暑さがある10月下旬、冬のレースに比べればコンディションは良くないはず。

今回初めてフルマラソンを走ったという関西の人が多かったと思います。
東京マラソンをきっかけにランニングブームが巻き起こったと同様に
関西でも大阪マラソンをきっかけに、ランニングブームが巻き起こると思います。
自分も第2回の東京マラソン完走をきっかけに、ランニングを始めた1人です。
次回も抽選に当たれば、もちろん走りたいです!(抽選倍率がすごいことになりそう・・・)

最後に「江戸っ子がんばれー!」「江戸一がんばれー!」と応援くださった
地元大阪の皆様ありがとうございました!
posted by 江戸一RC at 11:05| Comment(6) | 大会レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

大会レポ『大阪マラソン2011』part1 by RYOTA

「東京マラソンを大阪で」
なにかで見たこのフレーズが斬新的でした。
その名は「大阪マラソン」 http://www.osaka-marathon.com/
全国のフルマラソンを走り回っている自分にとっては、是が非でも参加したい大会であった。

2011年2月15日、エントリー開始と共にエントリーする。
初日で3万人の定員オーバーで抽選決定。
抽選になることは予想していたが、初日で定員オーバーとは思いもよらなかった。
あとは当選することを祈るだけであった。

2011年4月25日、当選通知メールがくる。(というかきてた。)すっかり忘れていました^^
aaaa.jpg
エントリー数は約17万人で倍率は約5.5倍、東京マラソン同様プラチナチケットですね。

プラチナチケットをゲットして走れるのですが、コースを見ても土地勘がないのでわからない・・・
御堂筋と言われても「?」でした。コース動画を見るが良くわからず。
思ったのはコース構成が東京マラソンに似ていると感じました。
crs_img_map_01.gif



大会前日2011年10月29日、夜行バスで大阪へ。
受付会場のインテックス大阪を目指し、大阪市営地下鉄マップとしばしにらめっこ。
最寄り駅の「中ふ頭」を目指し地下鉄を乗り継ぐ。
DSC01202.JPG
インテックス大阪外観
DSC01205.JPG
巨大会場案内パネルの前で記念撮影


受付を済ませ、大阪マラソンEXPO2011を散策。
東京マラソンEXPOと同じような感じでした。
地元に本社があるMIZUNOのブースが一番大きかったです。
DSC01223.JPG
ゼッケン引き換えの様子
DSC01224.JPG
スタッフ・ボランティアウェアー
DSC01225.JPG
大阪マラソンEXPO2011入り口
DSC01231.JPG
各種展示ブースがズラリ並ぶ。


EXPO後にし、うまいもん市場へ。
大阪名物のたこ焼き、お好み焼き、串揚げはもちろん
うどん、ラーメン、沖縄そば、タイ料理、焼き鳥、焼きそばといろいろな屋台がずらりと勢ぞろい!
ここでたこ焼きと焼きそばを食べてきました。
DSC01245.JPG DSC01250.JPG
DSC01252.JPG DSC01253.JPG

一通り見物し宿を目指し天満橋へ。
宿で一段楽した後、心斎橋・道頓堀・難波を観光ウォーキング。
宿に戻り翌日の準備を済まし就寝。

part2へ
posted by 江戸一RC at 15:20| Comment(0) | 大会レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする