edoblog_title.jpg

2014年05月28日

5/25(日)練習会レポ byしー

5/25の練習会レポです。
いや〜思いのほか盛り上がった。
参加された皆様お疲れ様でした。筋肉痛は?

幹事・スタッフ:しー
集合時間・場所:9時・なぎさ公園内「展望の丘」
参加人数:16名+おてんば娘 (キョウジさん公園まで先導、ありがとうございました)
メニュー
@各自アップ
Aゲーナさんによる「ランナーの為のストレッチ」
Bチーム対抗「本気でアルパインリレー」
Cしータケのプチ講習会「上り下りの走り方 基礎」
特練
アップダウンコースでのトレーニング(ビギナー・アドバンス)

《BEST FOR SPORTS DAY》
カラリと晴れた日曜の朝、スポーツするのにもってこいの天候。
まさにスポーツ日和。
ハイっ!!ドンピシャでカチ合いました。公園に隣接する小学校の運動会。親のビッグイベント。
なんとまぁ、公園に広げられたカラフルなテント。時代は変わりました。
展望の丘は運動会観覧者陣地となっておりました。
ともあれ、昼食前であれば人の往来も少なく、どうにか走れそうだと判断、予定通り江戸一練習会は開始。

《効果実感ストレッチ》
以前から考えていた内容のひとつに、ゲーナ先生によるストレッチ講習がありました。
今回は「ランナーの為のストレッチ」を教えていただき、その効果を実感しました。
また、筋肉の運動、伸縮反射についてもわかりやすく説明していただき、ストレッチが筋肉に与える影響もわかりました。
走る前の伸ばしすぎは逆効果のこともあるというお話、私は思い当たることがあったので“ガッテン!ガッテン!ガッテン”
テーピングも数名のメンバーが実際に体験しお得感満載。
私も先日肩に施していただきましたが、動かしやすくなりましたよ。
ゲーナ先生、ありがとうございました。これからもこういう貴重な機会を作りたいと思います。

《下って上って、止まれない!止まりそう?アルパインリレー》
ゲーナ先生の効果的なストレッチのおかげで、なんだか体がいつもよりよく動きそう。。。ってな感覚を覚えてリレーに突入。
今回は2チームに分かれてガチンコ競争。本気でやっていただきました。
第一走者からアンカーまでタッチ&ゴーのいたってシンプルなリレー。
ただ、第一走者からアンカーまで、計三巡するという形式。ちょっと変わってるかな〜。
一巡、二巡、三巡するごとにコースがだんだん長くなり、キツくなる形式。あれぇ〜変だぞ?・?
自分の前の走者の様子が確認できないという後ろ向きスタート形式。ひぇ〜っ!ドッキドキ。
必死にならざるを得ない、まったく手が抜けない、走力に関係なく追い込まれていくリレー。
苦しいのに楽しさたっぷりリレー。
途中、接戦に次ぐ接戦。最後までどうなるかわからないリレーでした。けっこうクタクタ。。。
みなさん、必死さがステキでした。

《教えて!しータケ》
今回のリレーではスタート直後が手足を止められない下りなので、皆さんの走りのフォームがそのまんま出ます。それが必要なのです。
同じところを走っているのにフォームは人それぞれ、いろんな形がありました。
走り方に上り下りの得意不得意が顕著に現れていました。
そこで、しータケプチ講習のはじまりはじまり〜。
今回の講習はリレーで走ったような短距離の上り下りではなく、ある程度の距離を走る場合を想定。
まずは下り。
下りは整った姿勢で腕を前後にフリフリなんてやっていたら走りにくくてしょうがない。
下りのコツはただひとつ。落ちていって下さい。何にもしなくても脚が前に出ます。
上半身はぶらぶら〜。脱力。バランスとかコントロールとかあまりごちゃごちゃ考えない。落ちる度胸さえあればじゅうぶん。足元は見ない。行く先を見る。
そして上り。
上りが苦手な人は多いですね。そのほとんどが走力や脚力の差だと思っているのではないでしょうか。
確かに走力や筋力があればいいに越したことありませんが、脚の使い方、足運びひとつで走りやすさが変わります。
脚を無理に前に出してストライドを大きくとろうとしない。
脚は腰の下に置くという感覚。蹴り上げもなく地面を押す感じ。頭が進行方向に引っ張られる感じ。
上半身は起こす。走りにくそうな場所はよける。
こつこつこつこつ、一見速く見えないですが同じペースで歩幅を無理にとらないことで、脚がもたない、疲れるという状態にせず、最後まで走り続けるようにします。結果、速くなります。
上りも下りもポイントはフォアフット。つま先側で地面を捉えます。
もし、下りで転んでも前にゴロゴロ〜ゴロゴロ〜。
一人ずつ、下りも上りも実践してみんなでその走り方をチェックしました。
最初からうまくはいきませんが、イメージをして意識を変えればだんだんとコツをつかめるようになります。長く続く上り下りで脚をうまく使って走りきれるようになると、これは強みですよ。おもしろくなります。
これからも今回のような練習を続けてください。ただ走るのではなく、考えながら確認しながら走る、これが練習です。

《いいね!みんなのヤル気》
しータケ講習で練習会は終わりましたが、皆さんヤル気満々だったので時間のあるメンバー数名は居残り特練。
展望の丘しータケコースを使い、ビギナー・アドバンスと二つのレベルに分けてさらに個人のペースで練習。
しー担当のビギナーは、アップダウンを繰り返す周回コースを左右それぞれ3周ずつグルグル。全体で20分程度。ラクにイケるかと思いきやそうでもない。6周目は心臓パクパク、脚も辛くなってきます。それでも走れないわけではない。速くはないけれど同じペースで淡々と進む。これが大事大事。
1周、2周速くダァーっと走ってもこの練習では意味がありません。10分、20分、30分、45分、1時間と走り切る。30分でも脚ができてくると周回数が増えてラクになってきます。
タケ担当のアドバンスは、アップダウンコースに加え階段ありの少しハードなコースを各自が決めた時間内走り通す。走力で周回数に差は出ますが、自分で決めた時間きっちり走り通すというメンタルが鍛えられる。距離より時間走ですね。各自やりきった様子でした。
「やっているうちに上り方がちょっとわかった」とか「上り得意」と宣言したメンバーもいましたよ。二人とも森駅のメンバーですからね。誰でしょうね〜。みなさん、ウカウカしてると怒られちゃいますよ。

《らんRUNランチ&しーの思い》
運動会の子ども達もお昼を食べに展望の丘へやって来る頃、江戸一もランチ会。さらに都合のつくメンバーがしータケに付き合ってランチをご一緒、ランニング談議。
練習会前日の土曜日にしーとたぁさんが参加した「江戸切絵図ロゲイニング」の話も出ました。ろげいにんぐ?と思った方は調べてね。
江戸一でもやりたいな〜。ロゲ。以前Nogaさんが企画してくれたロゲが私のロゲ初参加でしたが、とってもおもしろい。企画するにはもっともっと勉強せねば。
その他、練習のやり方やレース前の過ごし方などなど聞きたいこと、話したいこと、疑問に思うことが話題になりました。
メンバー間で共有できる情報はたくさんあるはず。
今回の練習会はゲーナ先生のストレッチ、しータケのプチ講習、ランニング談議、座談会とメンバー同士がよく見える形にしたいと思って内容を組みました。
経験を活かした内容でじゅうぶんですし、そういうことの方が身近で説得力もあります。経験の多いメンバーや知識・技術を持ったメンバーが今回のように前へ出て話したり、指導と言うと大げさですが、やって見せるといった機会を設けることを提案します。
幹事制も慣れてきましたのでそろそろ次の段階。メンバーで作る練習会にする時期ではないでしょうか?
皆さん一人一人がやりたいことをどんどん提案していいと思いますよ。
今回は私しーが単純に皆さんとやってみたいことをメニューにしました。付き合ってくれた皆様、お疲れ様でした。
そしてありがとうございました。またリレーやりましょう。次は運動会かな。


posted by 江戸一RC at 18:49| Comment(2) | 練習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あの「おてんば娘」、なぎさ公園で網を張っていればまた登場してくれるんじゃないでしょうか。
Posted by kz at 2014年05月29日 20:41
ランチを食べながらでも、色々あったのですね。
当日は、所用のためランチに参加できなかったけど、次回同じような企画の際にはランチ食べながら、のんびりランニング談義したいと思います。

Posted by あぶ at 2014年06月01日 10:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: