edoblog_title.jpg

2012年10月17日

10月14日練習会レポ by しー

幹事・担当スタッフ:しー
集合時間:9時
集合場所:大島小松川公園
メインメニュー:インターバル(入門〜)3〜7本

メニュー:
1.アップジョグ
2.準備体操
3.インターバル走
4.ダウンジョグ
5.整理体操
6.座談会

 久しぶりの練習会は夏日から開放されて多くのメンバーが本格的なロードレースを控えている状況だったので、江戸一では珍しくインターバルを取り入れてみました。
 フルマラソンの記録・または目指す記録から走力別にグループを分けてペースを決め、公園内周を走りました。
女性陣は初インターバル練習ということで走る距離を半周、残り半周をゆっくりジョグで繋ぎました。
 練習後は普段のトレーニングやレースに対しての疑問や悩み、知りたいことを話す座談会を行いました。
掲示板ではなく実際に話して情報交換などをする場は今後もあって良いかと感じました。
今回は特にテーマはありませんでしたが、次回は事前にテーマを告知しても話しやすいかと思います。

 インターバルはきついトレーニングですが、達成したい目標タイムを持っているならばトップランナーでなくとも自分を追い込む練習は必要だと思いますので今回練習会で取り上げました。
 インターバルのポイントは高負荷(速く走る)と低負荷(ゆっくりジョグやレスト)を繰り返すことで心肺と脚を強くすることにあります。また、速く走るといっても本数を重ねるごとにペースが落ちては意味がありません。できるだけ最初の1本目から最後まで同じペースで走り通すことが大切です。途中でペースが落ちるようであれば設定ペースを少し下げます。負荷の高いトレーニングなのでレースペースよりすこし遅くて構いません。ある程度長い距離が走れるようになったら1週間に1度取り入れてみると効果があると言われています。
 
私自身は週に1度トラックでインターバル練習ができればそうしていますが、いつもそうできるわけではありませんから、自分のトレーニングコースの中で目印ごとのインターバルや坂道インターバル(上り速く、下りゆっくり)を行ったりしています。インターバルを始めたばかりの頃は距離を短くして本数を多くしたり、距離ではなく時間を決めて走ったりしていました。例えば、3分間速く走って1分間ジョグでレスト、これを5本自分のトレーニングコースの後半で行っていました。そうして初ホノルルを走りました。手探りで始めた練習でしたが、効果はあったと思います。
 皆さんひとりひとり日々の生活の中でトレーニング環境を作っていると思いますが、自分の置かれた環境、状況でできるトレーニングを見つけてコツコツ続けていくことが大事だと思います。
posted by 江戸一RC at 18:16| Comment(0) | 練習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: