edoblog_title.jpg

2012年02月23日

2/12練習会レポ

◆担当スタッフ : シゲさん

◆担当幹事 : タケ

◆場所 : 江戸川区総合レクリエーション公園(富士公園 及び なぎさ公園)

◆時間 : 9:00〜11:00

◆参加人数 : 20人

◆練習内容 : ファルトレク走、クロカン、トレランごっこ、体感トレーニング


タケです。

初めての練習会幹事を仰せつかり、即座に練習場所として思いついたのが葛西の富士公園。
まさか本当の山にメンバー全員を連れて行くわけにはいかないので、致し方なく近場で遊べそーな場所・・・
じゃなくて、走力アップのためのトレーニング場所として思いついたのがココ。

DSCF2605.JPG

今回の練習目的は自然の地形に合わせて走ること。
起伏のある場所での登り坂では心肺機能を、下り坂では脚筋力を強化することでしたが、
それよりも何よりも、ロードでの練習のようにペースにとらわれることなく
自然の地形を自由に走る楽しみを味わってもらいたかったのです。
      
また、不整地を走ることによって柔軟な足さばきを養い、ついでに体幹まで鍛える方法をほんの一例ですが
参考程度に紹介させてもらいました。

集合場所は富士公園の管理事務所前としましたが、公園の場所を知らない方には8;45に東西線葛西駅前に集まってもらいました。

8:45過ぎ葛西駅に集まったメンバーと共に南葛西の総合リェクレーション公園まで環七の歩道をジョグで移動。
9:00頃富士公園に直接集まったメンバーと合流し練習会開始。

まずはアップジョグとして葛西富士の裾野をグルリと1周しながら道路を挟んだ隣のなぎさ公園へ移動。
『展望の丘』の麓まで走り、そこで準備運動とストレッチ。

それからこの日の練習メニュー第1段として丘の斜面走を開始。
始めはゆっくりとまっすぐ駆け上がって戻ってくるパターンから、サイドステップ、クロスステップ、バックステップで同様に斜面を往復して脚慣らし。
次いで2組に分かれて斜面走リレー。
みなさん頑張って走られていましたね。
両チームとも終始競っていて、けっこう盛り上がっていたと思います。


その後、再び富士公園側にジョグで移動。
この時ただ、散策路を走ってもつまらないので起伏のある地形を走ってプチトレランごっこ。
トレラン経験者にとってはなんてことない起伏ですが、ロードしか走ったことの無い人にとってはまるで山の中に入り込んだようにおっかなびっくりの走りでした。
高低差は2〜3m程度でも斜度がキツく、特に下りは慣れていないと怖いかもしれません。
私は雨が降った翌日、滑りやすくなったこの場所であえて練習することがあります。
(同じ山でも天候や季節によって登山道のコンディションはガラッと変わってしまいます。
レース当日が晴れていても前日までの降雨でコースがグチャグチャになっていることはよくあります。)


富士公園に戻ってからは練習メニュー第2段のアスレチック遊具を使った体幹トレーニング。
一見子供の遊びのように思えますが、筋力やバランス感覚が無いと素早くクリアできないのが分かったと思います。
ここでもう少し練習の時間をとってもよかったかも知れませんね。

DSCF2609.JPG

私はふだん、ただココで遊びたいからアスレチック遊具を使っているのではなく、体幹を鍛えるために仕方なくやっているのです。 

さて、この日のメインイベント・練習メニューの第3段は葛西富士での斜面走。
標高はたかだか12〜3mといった、ただの丘(盛土)ですがココも斜度がきついので直登を何度も繰り返すと良い練習になります。
最初はすそ野の低い場所を乗り越える感じでスタートし、徐々に登る高さを増していきました。
また、南側と北側では斜度が違うのでそれぞれピーク越しに往復すると、より一層楽しめます。
みなさん、登りより下りの方が大変だったみたいですね。
登りについては階段走や筋トレで鍛えれば強くなりますが、下りを上手に走るには実際に経験を積む他はありません。
今回ご案内しませんでしたが、この斜面を直登だけではなく斜めに登ると傾斜が緩くなりますが、その分走れる距離が延びて
より実践的なトレーニングが出来ます。

DSCF2612.JPG

ラストは富士山東側の階段両脇にある岩場を登ったり下ったり。
これはちょっと危険なので、あくまでこんな練習もあるんだよという意味で紹介がてら走って見せましたが、
意外と真似してトライするメンバーが多かったですね。

標高の高い山では大きな石がゴロゴロしていたり、岩場が登山道になっているコースも多く、そこがレースの場となることもあるので
その為の練習として使わせてもらっているのです。
これもただ楽しいからとか面白いからといったふざけた気持ちでやっている訳ではありません。


江戸一ではトレーニングの為に、またオフシーズンのレクとして山を走ったりトレイルレースに出場するメンバーは少なくありません。
また理由はともかく自然の中で体を動かすこと自体は気持ちがよく楽しいことです。
山をゆっくりハイキングしながら景色を楽しむのも一つですが、山道を走れるようになるとその行動範囲が広がり、アドベンチャー気分を満喫できるのも一つの楽しみです。
その為のトレーニングとして、今回の練習内容が少しでもお役に立ってもらえれば嬉しい限りです。

幹事としては拙い進行で戸惑いも多々あったでしょうが、このような練習会を楽しんでいただけたのなら幸いです。


なを、富士公園にはBBQ広場もありますので今後の企画として練習会プラスBBQというのもありかな?
と思っています。


最後に今まで私がファルトレク走やトレランの練習場所として近場で見つけた他の公園などを参考までに紹介いたします。

◆江戸川、荒川の河川敷;
土手も場所によって傾斜や高さも違い、楽しめる場所はたくさんあります。
まずはいつもの練習場所の近くから始めてみましょう。
きっと、皆さんに合った練習場所が見つかるはずです。

◆大島小松川公園;
いつも練習会で使用している自由の広場でも楽しめますが、新大橋通り・新宿線を挟んで南側にある芝生の丘や展望の丘の方が高低差があってより実践的なトレーニングが出来ます。

◆木場公園;
起伏の高低差は少ないですが公園内を隅々まで走ると面白い個所がたくさんありますよ。
私のお気に入りは野外ステージの石段やステージの登り降り、公園大橋の坂と脇の階段の組合せです。

◆猿江恩賜公園;
木場公園同様起伏は小さいですが、木々の間を走り抜けるのが気持ち良いですね。

◆夢の島公園;
特に湾岸道路側の緑道公園の中を走るのが面白いです。

◆辰巳の森緑道公園;
夢の島から曙橋を渡って西側に行くとそのまま緑道公園が続き、三つ目通りを越えると辰巳富士のある広場があります。
この富士山はもとより公園内隅々まで遊べます。

◆辰巳の森海浜公園;
緑道公園を三つ目通りに沿って北上するとクロカンごっこが出来る小さな丘があります。

◆若洲海浜公園;
ココも意外と起伏がありますね。新しく開通したゲートブリッジとコラボさせたらもう最高ですね。

◆葛西臨海公園;
他の公園にない特徴が海辺の石畳。岩場を速く走る練習に使えます。
         
◆里見公園;
樹木が生い茂って木蔭が多いので、夏場には快適な練習場所になると思います。
公園周辺には激坂や階段があり、ココで練習している江戸一メンバーもいらっしゃいます。

◆じゅん菜公園;
里見公園から国府台のアップダウン(坂)を抜けるとさらにまた楽しい場所に出ます。
その周辺の国分・・・限が無いので市川についてはここ迄。

◆21世紀の森と広場;
もう、とにかくどデカい公園。
一度は脚を踏み入れる価値アリです。


都心方面でも見つけました。

◆戸山公園;
なんといってもメインは箱根山。高低差も最大で20mほどあり、ルートの取り方次第では実際の山での練習と変わらず。
      


他にも皆さんのご近所にもちょっとした工夫で今回の様な練習が出来る場所があるはずです。
面白い場所を見つけたら是非、お知らせください。

posted by 江戸一RC at 18:04| Comment(0) | 練習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: