edoblog_title.jpg

2010年04月25日

大会レポ『第20回 チャレンジ富士五湖』by カズ

Report_fuji2010-1.jpg


昨年、初めてウルトラマラソンに挑み、それが「チャレンジ富士五湖100km」だった。 市民ランナーのグランドスラムの一冠を一発クリアしたい思いで臨み、撃沈した。 グランドスラムの中ではウルトラサブ10が一番クリアしやすいと聞いていて、すっかり甘くみていたことが敗因だったと思う。 今年は、去年置き忘れてきた「サブ10」をしっかりと獲得することが目的であり、リベンジでもある。

それには第一にはペース配分。 前半の下り中心のコースで脚を使いすぎず、50kmの西浜小学校手前の坂を元気よく上っていく力を残しておくこと。 折り返しの70kmで30分の貯金を作っておくことがポイントと思っていた。 これならラスト30kmを7‘00/kmペースで達成できるからだ。

第二は気持ちを切らさないこと。 去年の奥武蔵のように最後まで強い気持ちを持ち続けること。 結局、大事なものはフルマラソンと変わらないかもしれないが感覚が違う。 ペース配分は去年のラップを参考に10kmごとに決め、トータル9時間半とした。 これなら崩れてもサブ10はクリアできると踏んでいた。

前日10時、シゲさんに家まで迎えに来てもらい出発。 途中渋滞に巻き込まれたりしたが、何とか談合坂SAでフルさん号と合流できた。 軽く昼食をとり富士山アリーナの会場へ車を走らす。 会場ではおつまみーずのトリさん達とも逢うことができた。 今回の大会は20回目の記念大会でもあり、記念ジャケットまで頂き、レースで使用する「ウィグライプロ」を購入した。

会場をあとにしてからは、皆でコースの下見。 山中湖から河口湖、西湖までをまわったけど、 車でまわるととてつもなく長く感じた。 明日このコースを走るのかと不思議な気持ちになった。 距離表示は去年よりだいぶ良くなったようだ。

夕方17時に富士吉田の「大戸屋」で夕食をとる。 ここは富士登山のたびにシゲさんと寄る馴染みの店。 帰りには明日の朝食とプチ宴会用のアルコールとつまみを買い出ししてホテルへチェックインした。

Report_fuji2010-2.jpg



その後はレースの準備や風呂に入ったりしている間に、乾杯が始まった。 このひとときは一番楽しい。 明日のレースについて話したり、冗談を言い合ったり、もうすでに緊張している人もいたりして・・・。 21時頃解散して就寝。 夜は何となく眠れなかった。 緊張なのか、枕が違うからか、でも目覚ましで起きたのだから少しは眠っていたのだろう。


翌日は、未明2:30に起床。 おにぎり2個をほおばって、顔を洗って、ウェアを着用。 3:30にチェックアウトした。 外は目茶苦茶寒く、でも空気は澄んでいて満天の星空。 星が降ってくるような感じだった。 車のウィンドガラスは凍り付いていた。 いい天気になりそうだ。

ちょっと遅れ気味だったのでフルスピードでレース会場へ向かったが、会場の駐車場は既に満杯だった。 時間の余裕がなく危うくレースに遅れるところだった。 ちょっと反省。 112kmの部がちょうどスタートするところだった。 危ない、危ない。

今日は長袖Tシャツにウィンドブレーカー、その上にビニールポンチョ。 下はハーフタイツに、ゼッケンベルト、ウェストポーチを付ける。 あと手袋を着用し、シューズは底の厚いアシックス製に、脚の衝撃を少なくするためにインソールを3枚挿入した。 着替え等の荷物を預け、スタート地点へ向かった。

Report_fuji2010-3.jpg


Report_fuji2010-4.jpg


スタート前に江戸一メンバーで集合写真。 そして5:00、猫ひろしが号砲を鳴らした。 もうあたりは明るく、目の前の富士山が壮大に見えた。 ちょっとした上り坂のあとは下りばかり。 ここでとばしてしまうと脚にくることはわかっていたので、ゆっくりゆっくりと心に言い聞かす。 今日は5kmごとにラップをとって確認しながら走ることとした。 5kmを23'23。 速すぎる、もっと落とさないと・・・。 エイドでは何もとらなかった。

23'23-23'47 10km通過:47分10秒

あれ、抑えたはずなのに去年よりも速い。 もっともっと落とさねば・・・。 エイドでは水を一口含む。 山中湖入口ではコーチ、こけさん、たぁさんが応援していた。 有難うございます!!

このあたりから暑く感じるようになりビニールポンチョを脱いでゼッケンベルトにはさむ。 それでもまだ暑くウィンドブレーカーも脱いで腰に巻いた。 18kmあたりでゼッケン1001に抜かれた。 あれ、MY☆STARの西村さんじゃないか。 今日はどうしたんだろう。 前年の優勝者なのに・・・。

山中湖の裏側にまわると逆さ富士が湖面にくっきりと映っている。 満開の桜とのコントラストが見事、こんな綺麗な富士山を見たことが無い。 ゆっくり眺めていたいなぁ。。。

25'35-25'15(50’50) 20km通過:1時間38分00秒
※ラップ取り忘れ、感覚のタイム。

山中湖の出口ではさんでいたビニールポンチョをコーチに預ける。 有難うございます。 ウィンドブレーカーは腰に巻いたまま。 28kmか、西浜小学校で預ける予定。 ここからは先ほど走ったコースを戻る。

26'59-25'45(52’44) 30km通過:2時間30分45秒
予定より4分速く、ほぼ5'00/kmペース

ここでイタジューさんに追いつかれる。 お互いちょっと速いですね。 しばらくイタジューさんと並走が続いた。 というより、ちょっとペースの速いイタジューさんについていった感じ。

国道に入ると歩道を走ることになるが、路面ががたがたしているところが多く、気をつけて走らないと脚を傷める。 少し神経質になる。 昨日受付した富士山アスリート、富士浅間神社、ビジネスホテル登り坂とお馴染みの箇所を通過する。 ダラダラとした下りが多く、この直線は長い。 信号で止められることも多かった。

40km手前のエイドでは名物「ノリコのおにぎり」をひとつ頂く。 確か去年は二つ食べたはず。 このあたりからゼッケン2000との並走が続く。 「いい番号ですね」と声をかけると、「本当は2010だともっと良かったんですが・・・」と返答。 同じくサブ10を狙っているとのことで、お互い健闘を誓う。

27'02-27'02(54’04) 40km通過:3時間24分48秒
予定より2分速い。 ※35kmラップとり忘れ

河口湖大橋は絶景ポイント。 オールスポーツの撮影場所でもあるのでちょっとカメラを意識。 ゼッケン2000と一緒にポーズ。

Report_fuji2010-5.jpg


このあたりはエイド間が長く感じる。人も少なく余計に寂しい。 こういうときは景色を眺める以外気を紛らすことはできない。 トンネルを回避する道に入るところで50kmの関門があった。 係の女性がだるそうに一人座っていた。

25'49-27'17(53’06) 50km通過:4時間17分55秒
サブ10に42分の貯金、予定より2分速い。

湖畔の道から右に曲がり坂を上るといよいよ西浜小学校だ。 この急坂を去年は歩いて上ったことを思い出す。 今年はまだまだ元気だ。 ここのエイドでウィンドブレーカーを預け、上着を替える。 最初、建物内に着替えが置いてあると勘違いしシューズを脱いでしまった。 そんなこんなでここでは5分もタイムを使ってしまった。

西浜小学校を出るとまた急な上り坂。 ランで上りトンネルをくぐってしばらく進むと西湖にたどり着く。 山中湖、河口湖と比べると賑やかさはない。 釣り人が糸を垂らしているぐらいしか見えない。

Report_fuji2010-6.jpg


55km過ぎにうしろから「がんばって下さい!」のちょっと外人ぽい声が聞こえて右脇を駆け抜けていったランナーがいた。 72kmの部に特別参戦していたワイナイナだ。 4’00/kmくらいのペースで走っているようだ。 あっという間に見えなくなっていった。

Report_fuji2010-7.jpg


しばらく進むと道横の駐車場に私設エイドがあった。 オレンジを2つ3つ取りほおばる。 そのとき、トイレからワイナイナが出てきて走り出した。 小用をしていたようだ。
ちょうどそのとき駐車場の車から「頑張れ!!」の声が聞こえた。 マサさんだった。 各ポイントを車で回ってランナーに声援を送っているようだった。 有難い!

Report_fuji2010-8.jpg


このエイドで初めて「ウィグライプロ」を摂取、本当はもっと前から摂取する予定だったが、すっかり忘れていた。

34'26-33'38(1:08’04) 60km通過:5時間26分00秒
貯金は34分。初めて減ってしまった。

このあたりから脚に力が入らなくなってきて、気持ちもめげてきた。 だらだらの上りで初めて歩きが入ってしまった。 ちょっと黄色信号。 折り返しの70kmでは30分の貯金が欲しい。 頭の中でそのためにはどのくらいのペースでいけばいいか計算した。

67km過ぎで今度は前からワイナイナがやってきた。 もう折り返して帰ってきたんだ。 さすがに速い。相変わらず真っ黒な顔でニコニコしていて、すれ違いざまにハイタッチ。 ちょっと気が紛れた。 本栖湖方面に向かうため、道の左から地下道に入る。 そこを抜けると先のほうで太鼓の音が聞こえる。 この折り返しのエイドで2回目の「ウィグライプロ」を摂った。

31'43-33'50(1:05’33) 70km通過:6時間31分33秒
30分の貯金を若干下回った。

ただあとは戻るだけというのは気持ちが強くなれる。 ここからガーミンをセットして1kmごと確認していくこととした。 再度地下道をくぐりしばらく進んだところでイタジューさんとすれ違った。

精進湖から西湖に向かう大きな陸橋は脇の雑草が整備されていず、ランナーとすれ違うときにストレスになった。 さらにこの陸橋は遠くまで見渡せることができ、延々とした上りが続くのが見えて気が滅入る。 情けないが、ここではほとんど歩いてしまった。

78.2kmのエイドではコーチ、こけさん、たぁさんが応援していてくれた。 往路と同様にうどんをすすっているとコーチから「カズさん、大丈夫?」と声をかけて頂いた。 よっぽど疲れきっているように見えたのだろう。 「大丈夫!!」再度自分に渇を入れて出発。

33'31-34'29(1:08’00) 80km通過:7時間39分34秒
7’00/kmペースまで落ちていない。よしよし。

復路の西湖脇の道はくねくねと湖に沿って曲がっていて先のほうまで見渡せる。 でもこのあたりはポツンポツンとランナーが見えるくらいで寂しい。 去年はずっと一人旅で下を向いて歩いてばかりだった。 今年はまだ走るほうが多いだけましなんだろう。

西湖を離れ右に曲がるとトンネルがある。 ここをくぐって下り坂を降りると西浜小学校。 去年はこの急な下り坂を、脚が踏ん張れずに走って下りられなかった。 今年はまだ大丈夫だ。 ここからは河口湖の南側を走ることになるが湖から離れていて見えない。

32'31-32'24(1:04’55) 90km通過:8時間44分30秒
去年ラスト10kmを78分、気は抜けない。

91km過ぎでMY☆STARの岩本さんに追いつかれた。 奥さんに並走しているとのこと。 10時間切りは大丈夫かどうか聞いてみた。 「最後の上りを歩かなければ9時間45分くらい」とのこと。 とてもじゃないがまた歩きは入ってしまう。 しばらくついて走ったがじょじょに離されてしまった。 そのあと河口湖の大通りに出る手前で福田六花が応援していた。 ハイタッチをしてもらい、元気をもらう。 去年は確か西湖周辺で車を運転しながら声援を送っていたはずだ。

大通りに入るとここからはずっと上り。 走っては歩き、走っては歩き前に進む。 国道を通り越すと何もない寂しい地区になる。 町内のグランドを右に曲がると95kmのエイド。 ここでは一杯の水だけもらう。

ここから最後の厳しい上り坂が始まる。 残り5kmで時間は40分ある。 8’00/kmでも大丈夫だ。 でも走り続けるだけの力がない。 ここからは、歩いて歩いては走り、歩いて歩いては走りというリズムに変わった。 ちょっとあぶないけどいたしかたない。 上りきったところからペースアップすることとして力を貯めた。

何とか上りきると歩きから走りに変え、ペースアップした。 最後のエイド脇に98.8kmの表示があり、タイムを確認したら10時間まであと約7分。 もう大丈夫と思ったら、係りの人が「あと1.6kmです」。 えっ、今の状態で1.6kmを7分では走れるか。 思わず、「1.2kmじゃないの!?」と怒鳴ってしまった。 どちらが正しいかわからないけど、とにかく必死になってペースアップする。 ここまできてサブ10を逃すことはできない。 また来年に持ち越しなんてできない。

下り坂で一人、競技場の公園に入る地点でもう一人抜いた。 去年は競技場正面から左へ外周をまわり、競技場を約3/4周してゴールした。 500mはあるはずだ。 10時間まであと3分弱。 必死で競技場正面に向かう通路を走った。 正面までくると今年は左でなく右に向かうようになっていた。 去年と違う。 とにかく必死で走った。 右側から競技場に入ると目の前にゴールが見えた。 帽子とサングラスを手にとって万歳ポーズでゴールテープを切った。 電光掲示板の9時間58分台の数字が見えた。 置き忘れてきたサブ10をしっかり獲得した瞬間だった。

Report_fuji2010-9.jpg


34'52-38'46(1:13’38) ゴール:9時間58分09秒

メダルを首にかけてもらい、タオルを肩にかけてくれた。 ゼッケン2000もゴール先で待っていてくれて力強く握手、お互いの健闘を称えた。 嬉しかった。 振り返ってゴールを見ると、その先に富士山が祝福しているように見えた。 競技場裏でトン汁をすすっていると感極まって思わず涙がこぼれた。

今日のレースは、ほぼ計画どおりに走れたことと最後まであきらめなかったことにつきる。 風はほとんどなく走りやすかった。 寒さ対策も効果的で、去年の経験は大きかった。 今回は10時間切りを意識して冒険をしなかったけどまだ余裕はあると思う。 9時間30分で走る感覚はイメージできる。 でも9時間切りはイメージできないなぁ。。。
グランドスラムまであと一冠(フルマラソンサブ3)。 最後まであきらめず絶対決めるぞ!!

Report_fuji2010-10.jpg


天候:晴れ
平均気温:6.0℃
最低気温:−2.7℃
最高気温:15.1℃
平均風速:1.8m/s
タイム:9:58:09 ※前回10:34:00
男子100km:71位/987人中
総合:75位/1186人中

※前回男子:70位/739人中、総合:78位/876人中


posted by 江戸一RC at 21:00| Comment(0) | 大会レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: