edoblog_title.jpg

2019年05月02日

『初フルマラソン完走レポート(2019年3月17日 板橋Cityマラソン)』ヒロコ

20185月頃 子育てに一段落し何かに打ち込みたいと思っていた時に出会ったのがマラソンでした。

会社で大阪マラソンにエントリーすることになり、スポーツクラブのトレッドミルで走り始めました。それまでは週に1度身体を動かしているだけだったので、走れたというそのことがまずうれしかったです。

大阪マラソンには落選しましたがせっかく走り始めたので続けたいと思い、7月頃から江戸一に参加しました。


トレッドミルでしか走ったことがなく、江戸一の練習会で初めて外を走りました。

今考えるとなんとも無謀なことだったと思いますがそんな私を皆さんは温かく迎えてくださいました。

走った後はたいてい頭が痛くなり、家に帰ると動けなくなり寝込んでしまいました。

水分不足だったのでしょうか、肩に力が入りすぎていたのでしょうか。

そんな私を見て家族からは「走るのやめたら〜」と心配されて(あきれられて?)いました。


8月に江戸一の隅田川テラスのLSDに参加したときは10キロで脚が痛くなり、全く走れなくなってしまい、途中でショートカットして歩いて戻ることになってしまいました。

だんだん暗くなっていく中、トミーさんとマッサンが一緒に歩いてくれて本当にありがたかったです。

その時もまだ長い距離は走ったことがなかったのに無謀だったと思います。

そんな初心者おばさんに江戸一のメンバーの皆さんはとてもやさしかったので、続けることができました。


そして10月に江戸川マラソンで10キロ、12月に足立フレンドリーマラソンでハーフを走り、20193月にいよいよ板橋Cityマラソンでフルに挑戦することになりました。


1週間前からは禁酒をして、レース前のアスリートのような気分で気持ちが高まっていきました。


そして当日。天気もよく、いよいよ挑戦できる〜というワクワクした気持ちでした。

スタート前 江戸一の出場メンバーの方が栄養補給しているので、私もゼリーと力の出る羊羹を食べました。

そしていよいよスタート!

写真1.jpg


土佐礼子さん・杉浦太陽さんとハイタッチし、テンションが上がる。

目標は5時間を切ることだったので、最初調子が良くても飛ばしてはいけないよ、という先輩方のアドバイスを胸に時計を見ながらキロ7分を守って走る。


17キロくらいで旦那と、娘が応援に来てくれていた!娘は「予定があるから応援には行けない」と言っていたのでびっくり。娘の声援を聞いて嬉しくてペースが上がる。


「ヒロコさん完走―」とファルコンさんがすれちがう時に声をかけてくれた!

すーさん、かたにーさんも声をかけてくれた! ありがたい。パワーをもらった!


折り返し地点に近づくと、おーのさんが見つけてくれてメガホンで「ヒロコさんが来たぞー」と叫んでくれた。そして江戸一の皆さんの大声援!

感動して嬉しくて涙があふれでた。泣き顔では恥ずかしいので笑顔でみなさんとハイタッチ!サングラスをかけていてよかった。

マキさんの「ヒロコ行けー」の声で背中を押され送り出される。

応援してもらうことがこんなにも嬉しくてパワーが出るものだなんてマラソンを始めるまで感じたことはなかった。ありがたい!


30キロくらいからだんだんキロ7分で走れなくなってくる。脚の疲労感が出て、つらいな〜というマイナスの感情が出てくる。応援してもらうとあんなにもパワーが出たのだから気持ち次第だと思い、これは楽しいジョギングだと思うようにする。

キロ7分で走っていればいつか終わる。いつもは一人で走っている土手だけど今日はたくさん走っている人がいる。のどが渇けば飲み物をくれて、パンももらえる。いつもは風が強くて大変な日が多いけど、今日は風も穏やかだ、こんないい日はない!と思うようにした。


それでもだんだんペースが落ちていき、このままでは5時間切れないとはっきりしてきた。

少しでもタイムを縮めたいと必死で走る。エイドで止まると脚が余計につらくなるので最後はエイドで止まらず走り続ける。

なんとかゴール!!!  終わった―― 走り切った――!!!

写真2.jpg

泣きそうでした。でもゴール後にまだやることが残っているので冷静になり間違えないように進みました。

脚の痛みに耐えながらよろよろ歩いて、ご褒美のシャーベットをもらい、しゃがみ込んで寒さに震えながら食べました。すごく寒かったです。

安堵感、達成感、なんとも言えない気持ちでした。でも目標の5時間を切れなかったことがくやまれました。もっと速く走れるようになりたい、長い距離をたくさん走る練習をしようと思いました。


しばらくして娘から「完走おめでとう」と携帯に電話がありました。

応援ナビの存在を知り、父に教えて、ずっと私の様子を見ていたということでした。

今までは私が娘の応援をしてきたけれど、今回は逆で、娘に私が励まされ、応援され、

「お母さんすごい」と言われて、マラソンをやってよかったと思いました。

旦那も娘と2人で私の応援をして楽しい時間だったようです()

その後 遅れて打ち上げに参加して美味しいお肉を食べて、初フルマラソン完走を祝ってもらい、ついでに前日の誕生日も祝ってもらい、へとへとでしたがいい気分でした。


私にとって初フルマラソンは「感謝」のひと言につきます。

まだ走れる身体に感謝。応援してくれる家族に感謝。

そして一緒に練習をして、励ましてくれる江戸一の皆さんに感謝です。

仲間がいるから続けていけるのだと思います。


今までも今回も どうもありがとうございました。

そして これからもどうぞよろしくお願いします!

posted by 江戸一RC at 13:36| Comment(0) | 大会レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする