edoblog_title.jpg

2016年05月14日

5月8日(日)練習会レポ by tomoko

◆幹事:tomoko 担当スタッフ:ニケ

◆集合時間:9時

◆参加人数:22人(うち体験参加者3名)

◆集合場所:大島小松川公園

◆メインメニュー:【河童−タヌキ間マラニック】
         〜錦糸町・両国史跡めぐりマラニック

参加者22名(うち体験参加者3名)のにぎやかな練習会は、

「地元にこれほど史跡があるなんて!」と発見の連続で、充実したものとなりました。

以下、立ち寄りポイント順にコースのおさらいです。


大島・小松川公園をスタートして、最初の見どころは本所七不思議の「おいてけ掘」。

河童説とタヌキ説があるようですが、こちらは河童の像でした。

DSC_0074.jpg

「国産マッチ発祥の地」がある両国高校の横を通って、

次に訪れた両国公園には「勝海舟生誕の地」としてパネル展示があり、

記念碑の横の椅子に座って勝海舟気分を味わったメンバーも。


両国に生まれ育ち、両国小学校で学んだ芥川龍之介をしのんで建立された

ぴかぴかの「芥川龍之介の文学碑」には、「杜子春」の一説が彫られていました。


そして、赤穂浪士討ち入りの「吉良邸跡」のある本所松坂町公園へ。

公園というよりは記念広場のような小さな敷地に、吉良上野介像や首洗い井戸がありました。

討ち入りの12月14日には吉良祭なども開催されているようです。

IMG_4482.JPG

江戸前の握り鮨を考案したとされる「小泉(華屋)与兵衛すし跡」と、

鬼平犯科帳に登場する料亭「井筒」があった住宅街を見学し、

次に訪れた「回向院」では鼠小僧の墓を見学。

鼠小僧のお墓の石を削って持っていると金運が上がるとか…

削ったみなさんはちゃんと持ち帰りましたか?


回向院の隣のマンションは、「旧国技館跡地」で、当時の土俵の位置がタイルで示されていました。

だいぶ大きな円だったので、実際のサイズとは異なるようですね。


そして現在の「国技館」は5月場所の初日で色鮮やかな幟とともに活気があふれていました。

DSC_0539.jpg

そのお隣は回遊式庭園の「旧安田庭園」。

カラフルなウェアの一団が緑の中に映えました。


続いて「横網町公園」では、震災記念野外ギャラリーを見学。

関東大震災の猛火の様子を想像しながら一つ一つ見てまわりました。


錦糸町駅近くの「山田屋」で、待ちに待ったおやつタイム。

「人形焼食べるヒト〜」の呼びかけに、通行人のお父さん、思わず「はーい!」

あんこぎっしりのタヌキの人形焼は、本所七不思議のおいてけ堀にちなんだもの。

こちらは河童説ではなくタヌキ説採用でした。

おいてけ堀の河童に始まったマラニックは、おいてけ掘のタヌキで終了。

ゴールは大島・小松川公園。

IMG_4485.JPG

全長約14.5キロ、時間は2時間半程度の行程でした。

体験参加のみなさまも楽しまれたでしょうか?

よろしければまたいらしてくださいね!
posted by 江戸一RC at 22:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする